DVMsどうぶつ医療センター横浜は、救急診療センター(旧:横浜夜間動物病院)、二次診療センター、動物CTセンターを運営する動物専門医療機関

Q&A
アクセス
サイトマップ
ER緊急センターはこちら

DVMs概要

コンセプト

コンセプト

DVMsとはDedicated(献身的な) Veterinary(獣医師) Members(集団)の略です。
DVMsの基本理念は 「心地よさ、健やかさ、そして精神の癒し」です。地域で暮らす動物達、その動物達と一緒に生活している飼い主さん達に安らぎを提供するだけではなく、獣医医療従事者にまで癒しと安らぎを提供することを目的としている組織です。
DVMsが発足した当時の2002年には横浜市内には夜間診療専門の病院はありませんでした。夜間に獣医師がいない飼い主さん達の不安感。深夜に診療をおこなう獣医師の疲労感。飼い主さんと獣医師双方の要求を満足させるため、夜間診療専門病院を開設することを目的にDVMsは立ち上がりました。DVMsのメンバーは一般の開業獣医師です。地域の動物達のため、飼い主さんのため、さらには獣医医療従事者のために資金を出し合って株式会社を設立したメンバーが「献身的な獣医師集団」DVMsです。

組織図

組織図

DVMs動物病院グループ

「DVMsどうぶつ医療センター横浜」に出資している動物病院全体の総称。株式会社DVMsの株主の総称でもある。

DVMs役員会

株主の中から株主総会で選出された15名により構成。定期的な役員会議により「DVMsどうぶつ医療センター横浜」の運営方針等を決定する。

株式会社DVMs

「DVMsどうぶつ医療センター横浜」を実際に運営している会社

DVMsどうぶつ医療センター横浜

2004年に「横浜夜間動物病院」として誕生した施設。その後二次診療センターも開設し「救急診療」と「二次診療」の二本柱からなる総合動物診療施設へ。それに伴い2011年6月に現在の名称へ。

救急診療センター

2004年より「横浜夜間動物病院」の名称で横浜市内初の夜間救急専門動物病院としてスタート。その後の施設拡充に伴い、現在は「DVMsどうぶつ医療センター横浜」内の一部門として現名称へ。診療時間も延長し、昼間の救急にも対応。

二次診療センター

2006年の総合診療科から始まり、現在は整形外科、循環器科、皮膚科、眼科、行動学科それぞれの専門医による予約診療を行う部門。

動物CTセンター

有志出資者によって「DVMsどうぶつ医療センター横浜」内に設置されたCT検査機関。

沿革

2002年 12月 横浜市内獣医師有志により夜間動物病院設立委員会設立
2003年 10月 横浜を中心とした54病院からの出資(資本金2700万円)で株式会社DVMs設立
初代代表取締役に藤井康一が就任
2004年 1月 横浜市都筑区折本町に「横浜夜間動物病院」開設
2006年 8月 横浜市都筑区川向町に移転 「横浜動物CTセンター」との併設となる
2006年 10月 同施設内にて昼間に麻布大学の渡邊俊文先生を招聘して総合診療科開設
2008年 3月 整形外科、循環器科、行動学科をそれぞれ開設
総合診療科と併せて「動物二次診療センター」と命名 
2009年 9月 「動物二次診療センター」皮膚科開設
2009年 12月 第一期役員退任 代表取締役は藤井康一にかわり吉池正喜が就任
2010年 3月 「動物二次診療センター」眼科開設
2011年 6月 施設名称を「横浜夜間動物病院」から「DVMsどうぶつ医療センター横浜」に変更
それまで「横浜夜間動物病院」が担っていた部門は「救急診療センター」へ「動物二次診療センター」を担っていた部門は「二次診療センター」へそれぞれ部門名変更
2014年 12月 第二期役員退任 代表取締役は吉池正喜にかわり新井弦が就任
DVMsどうぶつ医療センター横浜 Pagetop

(C)2015 DVMs Animal Medical Center Yokohama All right reserved.